短期集中で免許を取得させる仕組み

短期間で免許を取得させるため、合宿免許はどのような仕組みになっているのでしょうか。少し詳しく見てみます。合宿という名のとおり、ホテル、旅館、寮などに2、3週間、長いと1か月ほど泊まり、自宅はその間留守です。ほとんどの場合自宅から離れた場所に滞在するため、プライベートも、学校も、仕事も休みです。

合宿免許専用施設では、毎日の講習時間が決められているため、一つずつこなしていけばよいのです。原則として途中で自宅に帰ることはできないため、効率よく、スケジュール通り課程を進めていけます。自分で予約を取る必要がないため、キャンセル待ちも不要です。計画的に確実にこなしていけるため、上達も早くなるでしょう。この間、講師もどこかに合宿します。講習を受けていると思うように技術を習得できず、もう一度同じ課程を受ける必要がある場合もありますが、そういった場合のことも予め想定し、それでも短期間で全課程を修了できるよう工夫されています。

自動車学校もキャンセル待ち対応などが不要でスケジュール管理が楽ですから、余計な経費が省けます。限られた時間で講習、学科、実技とすべて終わらせて、卒業後、運転免許センターで学科試験を受け、はれて免許を手にすることができます。通学だと半年かかることもザラであり、合宿免許はスケジュールさえ取れればベストな選択です。