合宿免許と通学免許の違い

合宿免許とは、1か月など一定の期間にわたって、ホテルや旅館、専用の寮などに滞在している間に短期間で運転免許を取得するため、自動車教習所が特別に用意した講習メニューを集中してこなし、通学よりも短い期間で免許取得を目指すプログラムをいいます。

合宿免許は一般に通学で免許取得を目指すのと、仕組みがかなり違っています。受ける講習メニューや内容自体は法令で決められたものですから、内容そのものに大きな違いはありません。違うのは、講習料金に宿泊費、飲食費などを加えたパッケージとして提供され、しかも、通学して免許取得を目指し講習を受けるよりも安い場合がほとんどであること、短期間で確実に免許を取れるよう、あらかじめ講習日が決められていることです。どういうことかというと、通学は日常生活を送りながら、空いた時間に予約を取り、教習所に通って講習を受けるのですが、合宿は専用施設に宿泊するためにほとんどの場合、その間家には帰りません。仕事も休んでもらうことになります。そうやって1か月、または2~3週間の間免許取得の講習に集中します。通学と違って他の予約との兼ね合いで思うように進まない、といったことも避けられます。

合宿免許に参加すれば、あらかじめ決められた日程をこなしていけば確実に講習が進んでいくため、学生が夏休みなどに集中して取るのにも向いていますし、社会人であっても有給休暇や夏休みなどを組み合わせれば合宿免許での取得が可能です。

 

TOPIC≪教習所情報が満載!|合宿免許ハンターで格安プランを検索、予約!